バリエーション豊富な強度設定
目的に合わせて全身が鍛えられる

目的・鍛える部位で強度を選択

初めてのご購入者は、トレーニングの目的(或いは鍛えたい部位)でVRTXバンドの強度を選んで良いでしょう。
大枠言いますと、人間の筋肉は3割は上半身、7割は下半身にあります。従って、上半身のトレーニングは強度が比較的に弱めなもので、下半身のトレーニングは比較的に強めなものが適切です。
以下は目的・鍛える部位でおすすめな強度を説明致します。

  • ストレッチ・ウォーミング
  • 上半身トレーニング
  • 下半身トレーニング
  • 懸垂(チンニング)補助
  • ポンプアップ

ストレッチ・ウォーミング

体のストレッチ或いは筋トレ・運動前のウォーミングは強度が一番低いもの「#0 ZERO」をおすすめです。

肩周りストレッチ

ももの内側ストレッチ

上半身トレーニング

上半身のトレーニング、例えば、
肩を鍛える種目「ショルダープレス」においては、女性・力弱者は「#0 ZERO」、男性は「#1 X-LIGHT」からをおすすめです。
胸を鍛える種目「プッシュアップ」においては、女性・力弱者は「#0 ZERO」、男性は「#1 X-LIGHT」か「#2 LIGHT」からをおすすめです。
負荷に慣れましたら、また一個上の強度に切り替えます。

ショルダープレス

プッシュアップ

下半身トレーニング

下半身のトレーニング、例えば、
お尻を鍛える種目「ヒップスラスト」或いは太ももを鍛える種目「スクワット」においては、女性・力弱者は「#2 LIGHT」か「#3 MEDIUM」、男性は「#3 MEDIUM」か「#4 HEAVY」からでも良いでしょう。

また、初心者の方は、姿勢の練習でまず強度一番低いもの「#0 ZERO」で練習して、慣れましたら、また一個上の強度に切り替えても良いでしょう。

ヒップスラスト

スクワット

懸垂(チンニング)補助

懸垂補助として「VRTXバンド」をご使用の場合、バンドの役割は「負荷増」から「補助」に切り替わりますので、強度の選び方に関しては、逆に初心者・力弱者の方は(補助)強度の高いものを使う必要あります。

今までチンニングをしたことない方(一回も上がらない)は、強度が一番強い「#5 X-HEAVY」をおすすめです。それでも足りない場合、2本で補助することも可能です。1-2回くらい出来でおり、補助して練習したい方は、「#3 MEDIUM」からをおすすめです。

また、初心者の方は先ず強度一番低いもの「#0 ZERO」か「#1 X-LIGHT」で姿勢の練習をおすすめです。詳細については、以下の動画をご参照ください。

ポンプアップ

ボディビル大会でポンプアップ、上半身(肩、胸、背中)で行うことが多いですので、女性の方は「#0 ZERO」か「#1 X-LIGHT」から、男性の方は「#2LIGHT」か「#3 MEDIUM」をおすすめです。

VRTXバンドをポンプアップにご使用いただいたボディビル選手もいらっしゃいました。当時の様子を以下の動画でご覧ください。