「M1911h名刺ケース」開発者:アメリカから帰国の40代「男の子」

今回の「開発者たちのストーリー」は、大人気の「M1911h名刺ケース」の開発者を紹介していこう。

こんな商品を作ったのは一体誰だろう?

デザイナーの方?職人?実はどれでもなく、単に銃が好きな方、Brianという、遊び心を持っている40代の「男の子」だ。

M1911-hマガジン名刺ケースの商品説明書にも書いてあるが、この商品は台湾のチームが2年間もかけて開発したものだ。

台湾でも銃の所持が制限されているが、何故こんな商品を開発しただろう。開発者のBrian は長年アメリカで生活して、40歳になった手前台湾に帰国した。アメリカにいたとき、銃を良く練習していた。

台湾に戻って、銃の練習ができなくなったが、アメリカでの生活を記念したいという思い、このマガジン名刺ケースをデザインし始めた。

Brian自身はデザイナーでも職人でもないが、このアイデアを持って色んな人に聞き回したり、工場にも相談したり、2年をかけてやっとこの商品を開発した。

なぜ名刺ケース?

毎日持ち歩けるるものと、自分のアイデンティティとして表現できる、名刺ケースという形にした。Brianは今どこ行ってもこの名刺ケースを持ち歩いている。

銃への熱量が溢れる

今も銃に関する、様々な商品を開発している。完成したら、またみなさんに紹介できればと思う。

さて、次はなんでしょう

ここでコメントをされると、Gumoがコメントを翻訳して開発者の方に伝えておきます!是非、一言を残しましょう!

1件のコメント

ユニークなアイデア商品…ありがとう!
とても気に入りました。

ウォールナット部にコルトのロゴマークやスチール部に製造番号を刻印すれば、もっとプレミアム感でるなと思いました。

たーしー 2021年 5月 03日

コメントを投稿