「M1911h名刺ケース」開発者:アメリカから帰国の40代「男の子」

今回の「開発者たちのストーリー」は、Gumoで大人気の「M1911h名刺ケース」の開発者を紹介したいと思います。

こんな商品を作るのは一体誰?と考えたことありますか?

何の問題も解決しないという商品だと思う人もいるだろう。

デザイナーの方?職人の方?

実はどちらでもなく、単に銃が好きで、Brian という 40代の「男の子」。

M1911-hマガジン名刺ケースの商品ページに書いていますが、この商品は台湾のチームが2年間もかけて開発したものです。

台湾では、銃の所持も日本と同じく制限されていますが、何故こんな商品を開発したのでしょう。

実は、Brian は台湾生まれですが、長年アメリカに生活した後また台湾に帰国したのです。アメリカにいたときは、銃を良く練習していました。

台湾に戻って、銃の練習ができなくなりましたが、アメリカの生活を記念したいという思いで、このマガジン名刺ケースを作ったのです。

Brian は 元々デザイナーでもない、職人でもないですが、単にアイデアを持って、物づくりの知り合いに聞いたり、工場に相談したり、2年をかけてやっとアイデアを商品にしたのです。

どこに行ってもこの名刺ケースを持っていると、自分のアイデンティティとして、毎日持つ物の名刺ケースの形にしたものです。



何故この商品を作るかというと、もう「熱量」で作ったのでしょう。

今もまた銃に関する、熱量がたっぷりの商品を開発しているらしいです。出来ましたら、また日本にも紹介出来ればと思います!

どう思いますか?このような熱量が溢れる商品。

ここでコメントをしますと、Gumoがコメントを翻訳して開発者の方に伝えておきますよ!是非、Brianに一言でも言ってみてください!

 

コメントを投稿