「M1911h名刺ケース」開発者:アメリカから帰国の40代「男の子」

今回の「開発者たちのストーリー」は、大人気の「M1911h名刺ケース」の開発者を紹介していこう。

こんな商品を作るのは一体誰?何の問題も解決しないという商品だろうと思う人もいるだろう。デザイナーの方?職人?実はどれでもなく、単に銃が好きな方、Brianという、40代の「男の子」。M1911-hマガジン名刺ケースの商品説明に書いているが、この商品は台湾のチームが2年間もかけて開発したものだ。

台湾でも銃の所持が制限されているが、何故こんな商品を開発したのだろう。実は、Brian は長年アメリカに生活して台湾に帰国した。アメリカにいたとき、銃を良く練習していた。台湾に戻って、銃の練習ができなくなったが、アメリカの生活を記念したいという思いで、このマガジン名刺ケースを作ったのだ。

Brian自身はデザイナーでも職人でもないが、このアイデアを持って人に聞いたり、工場に相談したり、2年をかけてやっと商品にした。今はどこに行ってもこの名刺ケースを持っていると。自分のアイデンティティとして、毎日持つ物の名刺ケースの形にした。何故この商品を作るかというと、もう「熱量」で作ったのだろう。今もまた銃に関する、熱量がたっぷりの商品を開発しているらしい。できたら、また日本にも紹介できるばと思う。

どう思われる?このような熱量が溢れる商品。

ここでコメントしていただくと、コメントを翻訳して開発者の方に伝えておきます。

----

「開発者たちのストーリー」はGumo Shopで販売されるアイデア商品の開発者・デザイナーたちのストーリーを紹介するコラム。

Gumo Shopで販売される商品は実はすべて海外・台湾で開発されたアイデア商品。

開発者の方は、周りの環境からアイデアを発想して色々製品を設計するものと言われる。台湾・海外の開発者たちが、どのような環境で異なるアイデア商品を生み出すかをを紹介したいと思う。

最終的に、海外・台湾の人・ことを日本の方に繋ぎたいと思うので、このブログに下にコメントくださると、コメントを台湾にいる開発者たちに伝えておく。是非なんの感想でも良いので、気軽くコメントしてください。

 

コメントを残す